横浜でマンション大規模修繕工事を行った時の体験

居住者が非常に喜んでいました

今回の外壁塗装工事では、今までよりも耐久性に優れた塗料を使うことに決めました。
従来型の塗料の耐用年数は10年程度ですが、ハイグレードな塗料を使うと15年程度その効果を維持できるからです。
そして実際に建物の外部を塗り直す時には、セキュリティを高めるために足場周辺に監視カメラを設置しました。
このことによって、足場があってもマンション内部への不審者をシャットアウトすることができました。
塗装作業は全部で3回実施し、屋上部分には防水効果の高い塗料を活用しました。
そのおかげで将来的にも、屋上からの雨漏りのリスクを大幅に軽減することに成功しました。
一方でマンションの共用部分や住戸部分の老朽化も進んでいたので、居住者の意見を取り入れながら施工プランを決定しました。
特に上層階の居住者はエレベーターを使う頻度が高いので、リニューアル工事を最優先で行いました。
工事が終わるとエレベーターの快適性と信頼性が高まったので、居住者も非常に喜んでいました。

建物の老朽化が進んだので大規模修繕を行いました居住者が非常に喜んでいました配管部分の不具合を改善することに力を入れました